ホーム研究紹介メンバー略歴 研究業績アルバム配属希望の3年生へ
HomeResearchMembersCareer1PublicationsAlbum1千葉大学中部大学
配属希望の3年生へ
高橋研で行っていること

急速なバイオ技術の進歩で、生物を「遺伝子」「タンパク質」レベルで網羅観測が可能になりました。遺伝子に関しては、DNAチップや次世代シーケンサー(NGS)というツールを使うことで、 数万ほどある遺伝子の活動のレベルを同時に観測することが出来ます。DNAチップやNGSを「がん」を始めとした病気の研究に応用することで、副作用が無く強力な「薬」 や個人個人に適した治療法を選択できる「テーラーメイド医療」を開発することが出来ます。

本研究室では、DNAチップやNGSを用いて、得られた情報をコンピューターにより解析して、治療標的遺伝子の候補を見つけるという研究を主に行ってきました。 新しい薬を創るには、かなりの数の実験を行わなければなりません。実際に実験を行う前にコンピューター上でシミュレーションをして、どんな実験をすれば薬を創る役に立ちそうか目星を付けておくことができれば、実験の回数を必要最小限に減らすことができるかもしれません。私たちの研究室では、コンピューターを利用して薬の標的を探すために必要なソフトウェアの開発や、それらを応用して実際に薬になりそうな化合物を設計する研究を行っています。 その他、「遺伝子」「タンパク質」レベルでの動植物における生命現象解明やゲノムのダークマターからの新規の機能領域探索まで、幅広く研究しています。

 
高橋研の掟
@ 週1のゼミには必ず参加する(就活は除く)
A コアタイムは 10:00〜17:00 (就活でこられない場合は要連絡)
B 先生からの連絡には必ず返信する(音信不通にならないこと)
配属希望の3年生へ
ホーム研究紹介メンバー略歴研究業績アルバム配属希望の3年生へ千葉大学中部大学